マーケットプロファイル―市場心理を読んで相場に勝つ方法 (パンローリング相場読本シリーズ)



勝率98%3点チャージ投資法完全攻略ワークブック―売られすぎ銘柄の底値がズバリわかる先物・オプション取引入門ネット投資 3年で成功している私の連勝法 (アスカビジネス)進化し続ける経営―SBIグループそのビジョンと戦略図解 土壇場の資金繰り術―元銀行融資担当が教える (East press business)経済のニュースがスラスラわかる本[金融のしくみ編]投資の王道 実践編 日経平均オプション取引マーケットプロファイル―市場心理を読んで相場に勝つ方法 (パンローリング相場読本シリーズ)優待株でラクラク貯める・ワクワク増やす (扶桑社MOOK)世界を壊す金融資本主義


マーケットプロファイル―市場心理を読んで相場に勝つ方法 (パンローリング相場読本シリーズ)
マーケットプロファイル―市場心理を読んで相場に勝つ方法 (パンローリング相場読本シリーズ)

ジャンル:
セールスランク:102756 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,940 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

初心者向け

アナリストという立場から歴史が浅くマイナーなテクニカル手法を紹介するという観点でみれば、マーケットプロファイルがどんなものであるかを簡潔に知ることができ、良書といえるだろう。しかし、実戦で身を削りながら習得したものではないためか、全体的にリアリティが感じられない。本書を読み、この分析手法を実用レベルにまで磨き上げるには相当の時間を要するだろう。
著者は相場を張ったことがないのでは?

マーケットプロファイルとは、ピーター・スタイドルマイヤー氏によって考案された
マーケット分析の方法論です。本書はマーケットプロファイルの解説が丁寧になされています。これからマーケットプロファイルを学ぶ人には、とっつきやすく格好の入門書となりそうです。文章も平易で読みやすく書かれています。

 ただ、多くの入門書に見られることですが、「マーケットプロファイルをどう使って、どう利益を出すか」という観点からの記述があまりないので、物足りなさを感じますし、内容的にはちょっとおかしな部分もあります。

 個人的には「イメージトレーニング」の記述には多いに疑問を感じるます。また、「日経225先物」と「日経225連動EFT」の裁定取引も物理的に難しいので、本書に入れるべき内容かどうか疑問です。現実問題として考えると、スリッページや取引のタイミングを考えると個人投資家がこの裁定取引で、利益を上げるのは不可能でしょう。

 著者はアナリストであり、知識はあるが相場を張ったことがないのでは?と疑いたくなります。プロの集まる日経平均先物の世界で、30分ごとのデータを使ったマーケットプロファイルで本当に裁定取引が可能なのでしょうか?日本の金融市場は、そんなのんびりした世界ではないような気がします。

 もうひとつ付け加えると、一番最初の章である「トレードの基本と心がまえ」と最後の「相場コラム」は本書には必要のない項目です(著者が相場で金を稼いでいるとは思えないので)。こうしたコラムを掲載よりも、マーケットプロファイルのデータを個人がどこで入手できるかといった投資家向けの解説の方がありがたいのです。

 後半は辛口になりましたが、入門書としてはよくできています。



パンローリング
デイトレーダーのためのマーケットプロファイル分析―すべてのデイトレーダーに捧ぐ
システムデイトレード (よくわかる!シリーズ番外編)
フルタイムトレーダー完全マニュアル (ウィザードブックシリーズ 119)
デイトレード 戦いの知恵 実践編4 実践編5
最強のポイント・アンド・フィギュア分析 (ウィザードブックシリーズ)